ブルべ冬の髪色は断然暗め!似合う定番&トレンドカラーは?

この記事は4分で読めます

sponsored Link

アレンジは面倒だけど、それなりに髪に気を遣ってる感がほしい!
とりあえずブラウンヘアなら間違いないでしょ!

こんな理由でヘアカラーや色選びをしていませんか?

なんとなく決めている髪色が、
あなたの魅力を半減させているかもしれません。

本来もっている肌や髪の色と調和する色のグループを
パーソナルカラーといい、
髪や服の色をそこから選ぶというのは定番になってきました。

今回は、パーソナルカラーのなかの
ブルべ冬タイプの人におすすめしたい髪色をご紹介します。

暗めのカラーが多いので、仕事や学校の関係で
明るく染められない人もチャレンジしやすいですよ!

sponsored Link

ブルベ冬の特徴&似合う色

パーソナルカラーのグループは、
ブルーベースとイエローベースの2種類に分けられ、
ブルベの人にはこのような特徴があります。

・腕の内側の血管が青く見える
・ゴールドよりシルバーのアクセサリーが似合う
・肌色がピンクがかっている
・日焼け後は小麦色にならず、赤くなりやすい

ブルベには冬タイプと夏タイプがあるのですが、
冬は日本人には少なく5~10%程度なのだとか。

シャープ・ゴージャス・都会的といったイメージで
キリリとした強さを感じる人が多い傾向です。

・モノトーンやビビッドな色が似合う
・髪や瞳はブラックに近い色
・髪や肌にハリがある

このような特徴があり、芸能人でいうと
中島美嘉さん・黒木メイサさん・栗山千明さん
などが当てはまります。

ゆるふわ可愛い系というより、
高嶺の花っぽいクールビューティーばかりですね!

そんなブルべ冬タイプに似合うヘアカラーは、
ブルー系・グレー・ブラックです。

そもそも地毛の黒髪がとてもしっくりくるタイプで、
夏タイプやイエベの人にはない個性です。

オシャレなニュアンスを足すグレーやアッシュ、
ブルベにピッタリのブルーやネイビーを使えば
オシャレ偏差値をグンと上げてくれますよ。

 

ブルベ冬におすすめの暗めカラー

もともと暗めの髪色が得意な冬タイプさん。

使ったことのないカラーやトレンドを取り入れるときも、
ダークトーンに落とし込めばラクにクリアできます。

ただし、暗めでもオレンジやカーキは
肌をくすませてしまうので避けるようにしましょう。

 

・ブルーブラック

画像引用元:https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/ladys/list-word-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF-p1

冬タイプのための色といっても過言ではないイチオシカラーです。

青が入っているおかげで、のっぺりした印象にならず
透明感が増します。

黒髪は気に入っているけど飽きてきた・ニュアンスチェンジしたい
という人にピッタリです。

 

・ネイビーアッシュ

画像引用元:https://hair.cm/article-37594/

ネイビーもアッシュもブルべが得意な色で、
ブルベ冬のクールな魅力を強調してくれます。

苦手な黄色味を抑えられるので、
カラー後の褪色が気になっている髪にもおすすめです。

光に当たったときのツヤ感は秀逸!

 

・ダークグレージュ

画像引用元:https://minimodel.jp/r/TQa6bCT/photo?photo_id=NIOW0S7DYdP94ZShlutPWpWUNK9RmHl7

強いイメージのカラーが苦手なら、グレーでくすませれば
柔らかな雰囲気に仕上がります。

ハリのある髪が冬タイプの特徴ですが、
細くて軽そうな外国人風のスタイルに近づけられますよ。

ガラッと冬タイプのイメージを変えてみたいけど、
やっぱり似合う色を使いたい」という人は
ダークグレージュを選んでみてください!

 

・ダークブラウン

画像引用元:https://www.afloat.co.jp/hair_catalog/hairstyle/detail/5923

清楚系を目指すなら、暗めのブラウンが鉄板ですよね。

シチュエーションやファッションを問わない色なので、
髪を染めたことがない人もチャレンジしやすいカラーです。

明るい場所でほんのり色を感じるくらいのレベルがおすすめ。

 

・ブルーバイオレット

画像引用元:http://throw-web.com/19222

黄味を抑えてツヤ感をアップする色で、人気が急上昇中!

バイオレットといっても決して奇抜にはならず、
抜け感のある暗髪になれます。

ブラックに近いカラーでも、周りと差をつけられますよ。

 

ブルべ冬の髪色は暗さがポイント

繰り返しお伝えしている通り、
黒髪が似合うということがブルべ冬の強みです。

同じ色味でも、他のシーズンの人より暗いトーンにしたほうが
肌色との調和がとれます。

美容院で染める場合、カラースケールと呼ばれるサンプルを
見ながら明るさを決めていきますね。

明るさの段階を示す「カラーレベル」のうち、
冬タイプにマッチするものを選べば失敗することはないでしょう。

レベルは数字が小さいほど暗く、大きいほど明るい色になります。

一般的な日本人の地毛は4レベルの明るさと言われており、
もともと地毛の黒さが際立つ冬タイプなら
3レベルの人もいるかもしれません。

1~2レベルは、「THE・黒染め」という感じの
青光りするような黒ですので、
せっかくのカラーリングを活かすのが難しくなってしまいます。

ブルべ冬が暗めに染めるときのおすすめカラーレベルは4~6!

会社の規定で7~8レベルまでと決められている場合が多いのですが、
余裕でクリアですね。

逆に、これよりも明るいと顔が陰ってしまう傾向があります。

サンプルで見ると、もう少しレベルを上げてもいいかもと
思うかもしれませんが、「冬タイプに似合う暗髪にする」ことを
重視するなら6レベルあたりにしておきましょう。

 

こんなヘアスタイル・質感を意識して

せっかく似合う髪色に変えたら、スタイルも合わせたいですよね!

シャープさと華やかさが魅力の冬タイプさんは、
エッジの効いたスタイルが得意です。

モテ」より「おしゃれ」のイメージですね。

厚めのぱっつん前髪や、ワンレンボブ、ベリーショートなど
直線を感じる髪型がカッコよく決まります。

パーマをかけるなら、冬タイプのゴージャス感とバランスが取れる
ボリューミーなウェーブがピッタリ。

長い前髪のかき上げスタイルで女っぷりが上がります。

ブルべ冬の髪の質感は、ツヤが命です!

ある程度、重さを残したヘアスタイルにしておくと
より髪表面の美しさを強調できますね。

・カラーした髪専用のシャンプー&トリートメントを使う
・頭皮の血行を促すマッサージをする
・つげや豚毛など、髪に優しいブラシで梳かす
・ヘアオイルを使う
・洗髪後はすぐに乾かす
・ドライヤーは15㎝離して当て、冷風でキューティクルを閉じる

普段のお手入れで、あまり費用をかけずに出来ることはこれだけあります。

どうしてもカラーリングをするとダメージは受けますから、
日々のケアで髪をいたわってツヤ髪をキープしましょう。

 

まとめ

ブルー系やブラックといった青味のある暗い髪色を
自分のものにできるブルべ冬タイプは貴重な存在です。

暗めのカラーをオーダーするときは、
カラーレベルを忘れずに指定してくださいね。

一気にイメチェンするなら、カットやボリューミーなパーマで
髪型も冬タイプ仕様にするのがオススメ。

本当に似合うヘアカラーにしたら、
もうパーソナルカラーを無視した髪色にはできなくなりそうです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。