ヨーグルトパックは危険?効果や正しいやり方は?

この記事は3分で読めます

ヨーグルトを使ったパックで美白効果が得られると話題になっています。
 
美白以外にも、
ニキビ、保湿、しみ、くすみ、毛穴の掃除、ピーリング効果etc…
 
食べる以外にも効果が!
 
ヨーグルトの効率の良い食べ方とは?
 
実際にヨーグルトパックを行って、
肌が21歳も若返った
という人も。
 
21歳ってすごくないですか???
 
しかも2週間でですよ!
 
実際にヨーグルトパックを行って、
美白効果があったよ~!!
という人も多いんですね。
 
ヨーグルトパック、気になりますよね~。
 
ということで今回は、
ヨーグルトパックの効果ややり方などについて
ご紹介していきますね。
 
 

ヨーグルトパックの効果

 
まずは、ヨーグルトパックの効果についてお話します。
 
ヨーグルトパックには、
・ニキビの予防
・保湿
・美白
・毛穴の引き締め
・ピーリング効果
があるとされています。
 
 
ー保湿効果ー
 
ヨーグルトを長時間置いておくと、
上のほうに黄色い水分が溜まっていることがありますよね?
 
あれは「乳清(ホエイ)」という成分で、
保湿効果があるといわれています。
 
ホエイの驚きの美肌効果とは?
 
乳清には水溶性のたんぱく質や乳糖、ビタミンやミネラルが多く含まれており、
サプリメントやプロテインにも多く使用されています。
 
その中のひとつ、
乳清たんぱくには、抗炎症作用があり、
ニキビや肌荒れに効果があるのだとか。
 
また、美容効果が高いことから、
美容液としてホエイが原料の美容液も販売されているほど。
 
 
ー美白効果ー
 
先に述べたように、
乳清には水溶性のビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
 
そのビタミンやミネラルに美白効果があるんですね。
 
保湿にも効果のある「乳清たんぱく」には、
黒ずみの原因となるメラニン色素の発生を抑制する作用も。
 
気になるデリケートゾーンなどの
くすみを解消することができるといわれています。
 
 
ーピーリング効果ー
 
ヨーグルトに含まれている
アルファヒドロキシ酸
という成分にピーリング効果があります。
 
このピーリング効果により、
お肌の新陳代謝を活性化させ、
毛穴の黒ずみ除去にも効果が期待できるとされています。
 
 
ヨーグルトパックを行った方の中には、
肌が21歳も若返った
という驚きの効果があった方も。
 
21歳ですよ!!!
 
お肌のアンチエイジング効果もあるんですね~。
 
 

ヨーグルトパックの作り方

計量スプーン
 
では、気になるヨーグルトパックの作り方をご紹介しますね。
 
〇材料〇
ヨーグルト(プレーン)・・・大さじ1~2
小麦粉・・・・・・・・・・大さじ1強
 
〇作り方〇
材料をよく混ぜるだけ!
 
これを顔にまんべんなく塗り、5~10分放置して洗い流すだけ。
 
ヨーグルトだけだと垂れてしまうので小麦粉を混ぜるのがおススメです。
 
 
ーハチミツヨーグルトパックー
 
〇材料〇
ハチミツ・・・・・小さじ1
ヨーグルト・・・・大さじ1
小麦粉・・・・・・小さじ2分の1
 
〇作り方〇
材料をよく混ぜ、レンジで加熱します。
途中で何度かかき混ぜて、全体がしっかり加熱されるようにします。
(加熱し過ぎに注意!です)
 
加熱後、冷めてからパックを行います。
 
 
ーココアヨーグルトパックー
 
〇材料〇
無糖ココア・・・・・小さじ1
ヨーグルト・・・・・大さじ1
 
〇作り方〇
だまができなくなるまでよく混ぜるだけ。
 
 
ー緑茶ヨーグルトー
 
〇材料〇
緑茶粉末・・・・・・小さじ1
ヨーグルト・・・・・大さじ1
 
〇作り方〇
ココアヨーグルトと同様、
だまができなくなるまでよく混ぜるだけ。
 
 
4種類ご紹介しましたが、
ヨーグルトだけを塗るというのもアリです。
 
ただ、垂れやすいので、
フェイスパックやコットンを使用することをおススメします。
 
ご紹介した中でも、
緑茶ヨーグルトとココアヨーグルトの効果が抜群だと話題で、
21歳若返ったという方は、ココアヨーグルトでパックしていたそうです。
 
 

ヨーグルトパックは危険なのか?

?
 
こんなに手軽でものすごい効果のあるヨーグルトパックですが、
お肌に合わない人もいます。
 
ニキビの炎症がひどい方やアトピー肌、
小麦アレルギーなどアレルギーがある人にはおススメしません。
 
実際にニキビ肌の方が試したところ、
顔の赤みがひどくなり、ピリピリとしたかゆみが出たそうです。
 
おそらく、ヨーグルトの持つピーリング効果が強すぎて、
肌へ悪い影響が出てしまったのでしょう。
 
また、生理前など、お肌が敏感な時の使用も避けたほうが良いです。
 
ツルツルのお肌になりたくて毎日行う人がいますが、
ピーリングをやりすぎてしまうと、お肌が荒れてしまうことも。
 
そもそもピーリングとは、
古い角質」を除去する
ということです。
 
古い角質を除去し、肌のターンオーバーを正常化する働きがあります。
 
上手に行えば、肌のターンオーバーを助け、
美しい肌になることができますが、
やりすぎてしまうと、バリア機能を持つ肌の角質まで落としてしまうことに。
 
肌のバリア機能がなくなってしまうと、
ニキビが増えたり、肌が弱くなってしまったり、
乾燥肌や敏感肌になってしまうのです。
 
では、どんな時にピーリングを行うのが効果的なのか?
というと、
・肌のくすみが気になってきたとき
・毛穴が開いているとき
・化粧ノリが良くない時
・基礎化粧品が浸透しないと感じた時
 
このように感じたときに行うと効果的でしょう。
 
お肌には「肌周期」というものがあり、
およそ28日周期で肌のターンオーバーが繰り返されます。
 
ですので、
肌のターンオーバーを助ける
という目的で使用するのが理想ですが、
ピーリング石けんやジェルによっては
1週間に1回」使用可能なものもあるので、
ヨーグルトパックに関しては、
自分の肌の状態に合わせて使用するといいでしょう。
 
使用中・使用後に肌の異常を感じたら、
使用をやめ、お医者さんへ相談してくださいね!
 
 

まとめ

 
上手に使えば素晴らしい効果をもたらしてくれるヨーグルトパック。
 
試してみる価値は存分にあります!!
 
早い人であれば、
パックを行った当日に美白・保湿効果を実感したというので、
顔に塗るのはちょっと抵抗がある人は、
手の甲などから始めてみてはいかがでしょうか?
 
最後までお読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。