子供でも飲みやすい青汁は?必要な野菜摂取量を年齢別にご紹介!

この記事は3分で読めます

子供に毎日必要な野菜の量ってご存知ですか?

大人でも食事だけで必要な野菜を食べるのは結構難しいです。

ましてや、健康のことを自分ではあまり意識しない子供たちが、
たくさんの野菜を食べてくれることは、なかなかないんじゃないでしょうか?

野菜スープを作っても、野菜だけが綺麗に残っていたり、
わからないように料理に混ぜることもできても、

そんなにたくさんの量にならなかったり、
お子さんの栄養を考えるお母さんたちは大変苦労されているんじゃないでしょうか?

そんな野菜不足を補うために、子供が青汁を飲んでくれたら嬉しいですよね。

毎日の献立を考えるのも楽しくなるかも!?しれません。

しかし青汁ってまずいイメージがありませんか?

野菜よりも青汁の方が、子供に飲ませるのが大変なイメージがありますよね。

そこで飲みやすくて、安心して子供に飲ませられる青汁がないのか調べてみました。

今回は、
子供はどのくらいの野菜が一日に必要なのか、
野菜が不足するとどうなるのか、
子供に飲みやすい青汁はどんなものがあるのか、
ご紹介していきます!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

sponsored Link

 

一日に必要な野菜摂取量は?

さて、子供は一日にどのくらいの野菜が必要なのでしょうか?

       <緑黄色野菜>  <その他の野菜>  <合計>

・1歳~2歳     90g        120g        210g

・3歳~5歳       90g        150g        240g

・6歳~8歳     90g        150g        240g

・9歳~11歳      90g        200g        290g

・12歳~14歳      100g        200g        300g

・15歳~大人      120g        230g        350g

 

子供でもこれだけの量が一日に必要なんですね。

実際に測ってみるとその多さにびっくり!

毎日これだけの量の野菜を子供に食べさせるのは、結構至難の業ですね。

やはり青汁で食事で足りない分の野菜が補えると嬉しいです。

 

野菜不足になるとどうなる?

子供の栄養不足を心配しているお母さんはどのくらいいると思いますか?

調査では80%のお母さんが子供の栄養がちゃんと取れているか心配していることが!

野菜が不足するとどんなことが心配されるのか、
野菜不足で起こる症状を見ていきましょう。

・身長や体重が伸びない
・脳や神経の発達
・貧血
・便秘

近年の日本では子供の栄養失調が問題視されています。

栄養失調は発展途上国で起こるイメージでしたが、実際にはそうではないようです。

偏った食事を続けていると、身長、体重のバランスが悪くなり、
発育の偏りや成長不足が心配されます。

また、子供の成長は身長や体重だけではなく、
言葉を知り、話す、読む、書く、考える、学習する、
コミュニケーションをとる、遊ぶ、
などの脳の発達もとても重要になってきます。

朝ごはんを食べない
いつも菓子パンやおにぎりばかり食べている

という子供は体の状態が悪く、勉強や運動に対しても意欲的ではない、
ということが問題視されているんです。

実際に近年の日本では、小学生や中学生の栄養失調や栄養不足が問題になっています。

子供の成長には、食事を通して様々なことが大切になってくるんですね。

一緒に楽しく食卓を囲むことは、子供の成長や発達には必要不可欠なんです。

sponsored Link

しかし、毎日を忙しく過ごしているお母さんやお父さんにとっては、
なかなか難しい世の中になっているのかもしれません。

そんな方にも、青汁がオススメですね。

家族みんなで青汁を飲んで健康を意識すること、
それが家族のルールになると子供も楽しんで飲んでくれるかもしれませんね。

 

子供にも飲みやすい青汁は?

野菜の重要さが理解できたところで、
実際にどんな青汁があるのか見ていきましょう!

 

ーこどもバナナ青汁ー



宮前県産の大麦若葉を始め、13種類の野菜、フルーツ6種類、
50種類以上の栄養素を含むスーパーフード
スピルリナ」が含まれるこどもバナナ青汁!

150億個の乳酸菌とビフィズス菌も配合されているので、
1日1杯で子供の成長に必要な栄養チャージをサポートできるんです。

なんといっても、毎日続けやすいように子供が好きなバナナ風味の青汁に!

牛乳に混ぜればバナナオレに変身しちゃいます。

水で割ってもすっきりとしたバナナ風味で子供でも飲みやすくなっています。

また「安心・安全」に徹底してこだわっており、
厳選した原材料を使用し、国際規格「ISO9001」取得の国内工場で製造。

安心・安全なのは、とても嬉しいですね。

国産の野菜を使って、保存料・人口香味料不使用なところもオススメです!

 

ーサンスターおいしい青汁ー



野菜9種類、果物2種類配合。

ブロッコリー、ケール、ホウレンソウなどを始め、
小松菜、セロリなど子供が苦手な野菜が含まれているので、

野菜が嫌いなお子様には食事では取れない栄養を補えるのでオススメです。

さらに、りんごとレモンの風味で子供も飲みやすくなっています。

毎日続けることができそうな青汁ですね。

缶タイプなので持ち運びにも便利!

子供もジュース感覚で飲んでくれるかもしれません。

保存料・香料・食塩・砂糖不使用なところもオススメです!

 

ーこどもフルーツ青汁ー



モンドセレクション金賞受賞したこどもフルーツ青汁!

九州産の大麦若葉を始め、
14種類の野菜、4種類のフルーツ、140億個の乳酸菌

さらに、カルシウムを配合。

子供の栄養バランスを考えて作られた青汁です。

さらに子供たちが美味しく飲めるように味にもこだわっています。

フルーツの甘みがしっかりしていて、1日1杯以上飲みたくなる味。

保存料・着色料・人口香味料不使用なのもオススメです!

 

まとめ

いかがでしたか?

子供の栄養が青汁で補えるのは、
子育て主婦の私にとってもとても頼りになる情報でした。

子供も大人も飲みやすいのは嬉しいですよね。

ぜひ、お子さんと一緒に健康管理に青汁を飲んで見てください!

子供にサプリメントは必要?人気な栄養素と効能をご紹介!

最後までお読みいただきありがとうございました。

sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。