タグ:シミ

  1. バイオイルといえば、傷跡や妊娠線を目立たずキレイに見せる 美容オイルとして有名ですよね。 コスメ口コミサイトの「@コスメ」では ベストコスメアワード2018のオイル・バーム部門で1位に輝き、 ますます注目度が上がっています! …

  2. 積もり積もった紫外線ダメージは、忘れた頃にシミになって現れます。 ポツンとひとつあるだけで一気に老けを感じさせるので、 女性が悩む肌トラブルの代表ですよね。 そんなシミを取るには、高額なレーザー治療をするしかない と思ってい…

  3. せっかく楽しく食事をしていても、 食べこぼしのシミがついてしまっては、楽しい気分も台無しです。 特にお子さんがいるご家庭は、食べこぼしのシミは日常茶飯事。 毎食、食事用のエプロンをつけているにもかかわらず、 気づくと袖にべっ…

  4. しみ、そばかすを防ぐクリームといえば 「ケシミンクリーム」 を真っ先に思い浮かべるライターのharukiです。 というのも、私はケシミンの愛用者でもありまして、 発売当初からケシミンクリームを使っています。 最近は化粧水や…

  5. 20代のシミ改善法!若いうちにやっといた方がいいシミ対策!   20代だからシミ対策なんてまだまだ大丈夫~   なんて言っていると、 30代40代になってからとんでもないことに!!!   私もそのひとりでしたが、 アラフォーを間近にしてシミ…

  6. 昔から薬局などで売られている馬油。 「うまの油」 という名前から、使用するのをちょっとためらう方も多いのではないでしょうか? 実際に販売元の薬師堂が、 馬油から連想されるイメージについて調査しており、その結果がこちら。 …

  7. シミができちゃったから美白ケアしなくては!!! とはいっても、どんな美白化粧品を選んだらいいのかわからない、 美白化粧品を使っているのに全く効果を感じられない、 なんてことありませんか? 美白化粧品を選ぶにはちょっとした「コ…

  8. 紫外線を長時間浴びたり、加齢とともに増えるシミ。 特に、こめかみあたりにできるシミは老けて見えるので、 早いうちに何とか消したいですよね。 美白化粧品を使ったり、シミに効果があるといわれるサプリメントを飲んだり、 いろいろ試…

  9. 目の周りや頬に点々とできるシミ・ソバカス。 増えたり濃くなると 「あ~あ…」 なんて気持ちになり、 ちょっと高価な美白化粧品を買いに走ったりしてしまいます。 (私だけかしら?) さて、そんなシミ・ソバカスですが、 「シ…

  10. 手作りコスメ大好き女子たちの間で 「ローズマリー軟膏」 が話題になっています。 その名のとおり、ローズマリーを使った軟膏で、 私も手作りコスメ大好き!なので気になりました。 ローズマリーって、料理やポプリなどでしか使ったこ…

RETURN TOP